歴史は語る、時代は語る・エンジョイ!小説

真田昌幸「武田家滅亡編」を火坂雅志先生「真田三代」でアツく語ってみる

 

前回、幼少のことからの昌幸について書いみました。
あの有名な「長篠の戦い」の戦いで、兄二人(真田信綱・昌輝)を失った武藤昌幸は、真田家を継ぐことになります。

 

ここに

 

真田昌幸が誕生します。

 

長篠の戦いに参加していた昌幸の想い

長篠の戦いに参加していた昌幸は思うんですね。
「真田・山県勢など散々戦い戦死してんのに、武田家、我先に逃げるとは・・・」
「どういうこと?」

 

「人は裏切るものだ・・・」

 

と。
ここら辺から、一応武田家参加としての真田勢ですが、昌幸的には、将来的に如何に独立していくか?を考えます。
要は、今回の経験をキッカケに「所詮、大勢力についても、いつ裏切られるかわからない」
そして、いいように利用される。というのをしみじみ経験した訳です。

 

この頃、武田・北条・上杉勢はどうなのかというと。
武田・北条は同盟をしていて、上杉は、謙信亡き後、相続争いをしています。

 

景勝派
景虎派

 

ですね。
武田と同盟をしている北条は、景虎派の後ろ盾になっていましたが、景勝派から武田へ同盟の使者が来て、武田勝頼は、これを受けます。
北条と手を切り、景勝派につくんですね。

 

これで、上杉相続争いの形勢が決まり、景虎派は、景勝派に負け

 

上杉景勝の誕生です。

 

そして、これに関連して、真田家が喉から手が出るほど欲しかった

 

沼田城

 

攻略のキッカケが出て来ます。
この城を守っていたのが、景虎派の

 

河田重親

 

その後、北条が手に入れ

 

猪股邦憲

 

が城代として守っています。
武田勝頼から密命を受けて、真田昌幸は沼田攻めを行います。
攻め。といっても、いきなり正面からは攻めません。
真田家得意の調略です。
沼田城を取り巻いている城は、

 

名胡桃城
小川城
下川田城
諏訪ノ木城
宮野城

 

これを調略にかけていきます。
まずは、

 

名胡桃城 鈴木主水正重則 調略。
小川城 小川可遊斎 調略。

 

このタイミングで、北条も真田の調略に気づき、攻めて来ます。
これを、鈴木主水正重則・小川可遊斎・真田勢で撃退するんですね。

 

この戦いで、真田の信頼が周辺地域にも伝わり、立て続けに

 

下川田城
諏訪ノ木城

 

調略に成功します。
ここでの真田の説得が面白い。あくまで武田ではなく、真田につけ。という調略なんですね。すでに真田の将来を昌幸は考えていたんだと思います。

 

 

そしていよいよ沼田城攻め。
相変わらずの調略で内部ガタガタにしてーの、周りの支城落としーの。
そして、最終的には、恩賞で相手を寝返らせ、開城させてます。

この功により真田家は、

 

吾妻
利根川

 

の二郡をもらい直実に領地を増やしていきます。
勢いに乗って来た真田家ですが、
この頃、武田家、滅亡のキッカケとなる出来事が起きていました。
それは、

武田勝頼と高天神城

 

高天神城

 

です。元は徳川領でしたが、勝頼の台で武田領になっています。
徳川家康からの攻めを六年間も守り抜いている城。
なぜ?徳川家康がそこまでこだわるのか?

 

それは、高天神城が、
高天神を制する者は遠州を制す。

 

と言われたぐらいの重要拠点だからです。
この高天神城が

 

落城

 

するんですね。。。。
勝頼、、、、ここ取られたらヤバいべ!という感じっっっw
この頃、武田勢は、北条勢と戦っていて援軍だせず、さすがの高天神城も孤立無援で落城します。

これには武田でも衝撃が走り、さすがの勝頼も動揺をかくせませんっっw
そして、新たな拠点が必要です。
穴山梅雪の進言もあり

 

韮崎

 

に城を築くことになります。この普請を真田昌幸が行います。
真田昌幸、なんでもできます。
攻めも、調略も、普請も、そして普請を教わったのは、あの武田信玄の軍師

 

山本勘助

 

から教わっているんですね。
ただ、小説を読んでいても、ここら辺から武田家の滅亡の音がヒシヒシと聞こえて来ます。

そして、このことから少しして、

木曽義昌・穴山梅雪・小山田信茂の謀叛

 

木曽義昌の謀叛

 

・・・しょ、衝撃的っっっw
ボクだったら失禁ものっっっw現実逃避・・・・

 

木曽義昌は武田家一門ですからね。
それが裏切るって・・・
要は、

 

武田家、もうダメでしょ

 

といち早く見限った。ということ。
そして、木曽討伐になりますが、これをキッカケに織田・徳川連合が木曽援軍も兼ねて攻めて来ます。
そして更に、

 

穴山梅雪の謀叛

 

徳川軍を誘導して領内に入れちゃうんですねっっっw
もう、武田家、ボロボロです。
信玄時代のあの一体感はどこにいったのか?????

 

これをキッカケに領地を急速に失っていき武田家。
そして、重臣たちも裏切り・離れていきます。。。
すでに、武田家戦力

1000人程度

重臣は、

 

武田信豊
内藤昌月
小山田信茂
真田昌幸

 

・・・と、もうあの大国、武田家の姿はありません 涙

武田家最大の危機の中、軍議が開かれます。
真田昌幸の主張は、難攻不落であり自領

 

岩櫃城

 

に入り、そこを拠点とすること。
これに小山田信茂が反対します。

要は、上手いこと言って、勝頼を領地に引き入れ、外交の道具にするんじゃないの?
と。

軍議は紛糾するのですが、最終的には勝頼判断で、小山田信茂の岩殿城に行くことになります。真田家は譜代の家臣ではないので、ここでも信用されなかったか・・・。昌幸も、もちろん、外交の道具として勝頼を利用する手も考えていたと思いますが・・・。

ここで各々自領に帰ることになり、真田も上州に帰ります。
事実上の武田家解散ですねっっっw

 

その後、小山田を頼って岩殿城に向かった勝頼ですが、
結局、

 

小山田信茂も裏切ります。

 

武田家滅亡

武田勝頼・武田家の最後は、
天目山まで逃避行し、さらにそこの郷士たちの寝返りにあい自刃。

 

天正十年三月十一日 名門 武田家滅亡です。

 

ここからが、真田家の本当の戦いが始まります。
幸隆の代も、修羅場、修羅場でしたが、戦う相手が、昌幸の代はデカい!
なんてったって

 

上杉
北条
徳川
織田

 

に囲まれていますからねっっっw
健忘剣術、阿修羅モードの昌幸の活躍を次回書いてみようと思います。

 

では、
おのおの抜かりなく